墨田区小学生が夏休み自由研究でスマホアプリを2週間でリリース

小学生でも手軽に楽しくアプリを開発してリリース可能に

東京都墨田区の小学6年生の中村正人くんは、スマートフォンアプリ開発教育事業を手掛ける株式会社セラピア(本社:墨田区、代表取締役:田中圭)の支援を受け、アプリ開発開始から2週間でスマートフォンアプリ「墨田区イズ=すみだくいず」をリリースしました。

アプリの画面・イメージ】

当社と正人くんが知り合ったきっかけは、正人くんが同区が今年6月に開催した区内産業を担う次世代人材育成のための「サブス区小学生スタートアッププロジェクト2021」に応募したことがきっかけです。以降、夏休みの自由研究としてアプリ開発のアイデアが持ち上がり、実際に動き出しました。

 正人くんにとって初めてのスマホアプリ開発でしたが、当社社員の芳賀亮太(開発担当)の指導・支援の下、開発着手から2週間でiOSとAndroid用のアプリのリリースに至りました。

 「墨田区イズ」の想定ユーザーは、近年、人口が増大する同区への転入者や、東京スカイツリー竣工をきっかけに同区に興味を持つ観光客などです。このアプリの内容は、継続してアップデートしていく予定です。

 当社は「共にポテンシャルある社会を創る」をミッションに掲げています。代表の田中には、子どもたちにものづくりの楽しさや体験をしてもらいたいとの思いがあります。スマホのアプリづくりを通じて、身の回りの問題を解決する力を身につけてもらうことを目指しています。

【正人くんのコメント】

 自由研究でアプリをつくってみようと思いました。初めての経験で、分からないことがたくさんありましたが、セラピアの芳賀さんからアプリ制作の基本的な作業工程を教わり、2週間でリリースすることが出来ました。自分でアプリを作っていると思うと、とても楽しくてわくわくしました。このアプリをたくさんの人に使ってもらい、墨田区のことをもっともっと知っても欲しいです。他にも色んなアプリを作ります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です